お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

世界で唯一、自分好みの究極のお米を作る!

美味しいお米はいろいろ食べてはみたけれど
私の好みにピッタリってないかしら?それならいい方法があります。ご自分の好みに合わせて
ブレンドすればいいのです。一流のお米どおしで作る究極のオリジナルブレンドです。そこで
味のシミレーションをご用意しました。銘柄とキロ数を選んで組み合わせてください。これなら
私の一番が見つかるわね!

お米は鮮度も命!おこめひろば野口屋では、どんなに少量でもご注文を頂いてから、 お好みに合わせて精米し、お届けします。美味しい幸せをどうぞお召し上がりください。

お米コンシェルジュ・お米マイスター店主 野口からのお薦めブレンド(お仕立て)の一例をご紹介します!
★歯応えの中にもモチモチ感があるブレンド
長野五郎兵米2割  京都京の宮御膳2割  夢ごこち1割

★噛んでて甘味を感じながらもコシを感じるブレンド
魚沼塩沢コシ2割   佐賀さがびより2割  ミルキークィーン1割

★さっぱりしながらも粘りを感じるブレンド
北海道ななつぼし2割  山形つや姫2割  北海道ゆめぴりか1割

★モチモチ大好き!でも歯応えもあるブレンド
魚沼湯沢コシ5割  夢ごこち3割   ミルキークィーン2割

ブレンドの新しい美味しさをお試しいただき、ご自分の好みに最も合う1番のお米をお楽しみくださいませ。

ブレンド(お仕立て米)

お味のシミレーション

ブレンド(お仕立て)・ご注文方法:

1.2つ以上の銘柄と、それぞれキロ数を選びます。
2.ブレンド(お仕立て)のお米の特徴の予想が★印で表示されます。
3.分つきを選びます。(お選びいただいたお米、すべて同じ分つきとなります)
4.お選びいただいた内容は下に自動で転記されます。そのままご注文、お問い合わせできます。
※より詳しいご注文方法はこちらのページにも記載してあります。

  • 銘柄1 Kg
  • 銘柄2 Kg
  • 銘柄3 Kg
  • 銘柄4 Kg
  • 銘柄5 Kg

「分つき」を選択してください

    お仕立て米 予想

  • 粘り

  • つや

  • 甘味

  • 固さ

お選び頂いた商品の合計金額  0円(税込)
※合計金額に送料は含まれていません。→送料確認

お問い合わせ・ご注文フォーム

お選びいただいたお仕立て内容で問い合わせたり、注文する場合は、お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
マークが表示されている項目は入力必須です。 ※ご注文の場合は、特定商取引法上の記載送料についてもご確認ください。

お問い合わせ ご注文




お仕立て内容の確認(この部分はメールに自動的に送信されます)
(お仕立て内容は、ここに表示されます)


おこめの話 最新1件

保存容器も大切!正しい保存方法でお米をおいしく食べよう♪

お米はどうやって保存するべき?

新鮮なお米は甘みを感じられ、豪華なおかずがなくても二杯、三杯と食べられますよね。しかし、お米を買ってきてしばらく経つと、開封したばかりの時よりもパサついていたり、臭いがしたり、しまいには虫が湧いてきたといった経験はありませんか?その原因、もしかすると、お米の保存状態からくるものかもしれません。

お米の保存において、保存場所と同じくらい大切なのは、保存容器です。今回は、お米をおいしいままの状態で保存できる場所、期間、おすすめの保存容器をご紹介します。

お米の保存場所と期間について

まずは、お米の保存場所からご紹介します。常温、冷蔵、冷凍とどの状態で保存するかによって期間は異なりますので、注意してくださいね。

常温の場合

常温保存する場合は、利便性の高い米びつなどに入れ、直射日光の当たらない風通しの良い場所に置きましょう。湿度が高く、風通しが悪い場所に置くと、虫やカビが発生する原因になってしまいます。

お米に賞味期限はありませんが、長い期間の常温保存はあまりおすすめできません。また、気温の高くなる夏場や湿気が多い梅雨時期はお米の味が落ちやすくなります。常温で保存した場合は約1ヶ月を目安にお米を消費するようにしてください。

冷蔵の場合

一般的に、お米の保存に適した温度は、10℃と言われています。冷蔵庫や野菜室の保存は最も適した保存方法と言えるでしょう。常温保存よりも温度や湿度に左右されることが無いため、長期保存でも味が落ちにくいのが特徴です。1人暮らしや家族の人数が少ないなどで一度に消費するお米が少ないご家庭はこちらの方法をおすすめします。

冷蔵保存する際は、他の食材のニオイがお米につきやすいため注意が必要です。また、ある程度密閉できないとカビが発生する原因になります。ジップ付きの袋やペットボトルなどの密閉性が高い容器で保存するようにしましょう。

お米の保存容器について

続いては、お米の保存容器についてです。いままで買ってきた袋のままだったり、なんとなく空いている箱に入れていたという方は、ぜひこの機会に見直してみてくださいね。

米びつ

木で作られており、湿気を自動的に調節してくれるので、お米を保存する上でもっとも適している容器とも言えます。

木の米びつは高級感がありますので、インテリアとしてもおしゃれですね。湿気が少なくて直射日光が当たらない場所に置いてお米を保存してください。デメリットとしては、プラスチックのものに比べて重さがあります。また、容量が大きすぎると冷蔵庫に入らない場合があるため、購入時は注意してくださいね。

ペットボトル

お米の保存に便利なのが、ペットボトルです。お茶やミネラルウォーターなど、何かしらのペットボトルが常にご家庭にあるという方も多いのではないでしょうか。

ペットボトル500mlで、約3合(450g)、2Lで約10合(1.8kg)のお米の保存が可能です。冷蔵庫や野菜室にコンパクトに入れることができ、お米の保存に適している10℃を保った状態で保存することができ、手軽でおすすめです。また、炊く際も計量しやすいので便利ですね。デメリットとしては、冷蔵庫内のほかの食べ物のニオイがうつりやすいこと。また、ペットボトルを使用する際は、カビの原因にならないよう、しっかりと乾燥させてからお米を入れてくださいね。

密閉袋

食材保存用に密閉できる袋なので、小分けにすることができ、冷蔵庫の隙間に入れることができます。米びつと違って場所を取らず、乾燥や気温、湿度や虫などの周りの環境に左右されることなく保存できるのも嬉しいポイントです。

デメリットとしては、こちらも冷蔵庫内のほかの食べ物のニオイがうつりやすいこと。また袋なので、強度が弱く、上に重たいものを何度も乗せたりしていると、お米が割れたり、削れてきたりするため注意が必要です。

ガラスのものは密閉性の高い容器が多いのが特徴です。瓶で保管するのであれば、シンクの下など湿気をシャットアウトしてくれる場所に置きましょう。瓶はおしゃれなデザインが多く、インテリアのように置くこともできます。

ですが、湿度が高くて風通しが悪いと、虫やカビが発生しやすくなるので、注意しましょう。また、この方法の場合、夏場は風味が落ちやすくなるためあまりおすすめできません。

お米を長持ちさせる保存方法

保存場所は冷蔵庫がベスト

先述の通り、お米は貯蔵する温度を10℃に保つことによって、酸化する速度をぐっと遅らせることができます。直射日光や温度、湿度の環境に左右されることがないため、長期保存でも味が落ちにくいのがうれしいですね。この条件を満たしている冷蔵室や野菜室で保存すると、常温で保存した場合より二倍おいしさが長持ちすると言われています。ただし、冷蔵庫内の冷気のふきだし口の近くは温度変化が激しく、酸化の原因になるため避けましょう。

保存容器はこまめに洗う

保存容器に付着した古い米ぬかやゴミなどを放置すると、虫が発生する原因になります。新しい米を入れる前は、きれいに掃除をするようにしましょう。古米の上に新しいお米の注ぎ足しは禁物です。必ず古米を全部使い切ってから新しい物を入れるようにして下さい。ペットボトルで保存する場合は、水ですすいだ後、中身をしっかり乾燥させてからお米を入れるようにしてくださいね。

なるべく密閉して保存する

お米は空気に触れると乾燥してしまうので、もともと入っていた袋に入れっぱなしにしておくと酸化が進んでしまいます。空気に触れることがあまりないよう、なるべく早く密閉して保存してください。

保存容器は、ペットボトルなどの密閉容器が良いですが、タッパーやジップ付袋などもおすすめです。密閉せずに置いておくと、表面にヒビが入って、お米が割れてしまいます。このような状態で保存されたお米はいくらおいしい調味料と調理法で炊いても風味の劣化は避けられません。より長く、おいしくいただくためにも保存の手間は惜しまないようにしましょう。